2015年11月6日金曜日

社内の託児室



先日、某コンサルタント会社主催の会社見学会で伺った東京日野のリフォーム会社です。女性プランナーを主体に事業を展開しているその会社、ショールームを含めて30坪程度の店舗に3帖ほどの託児スペースがあります。

専門の保育士さんがいるわけではないので、子供が滞在している場合は社員が交代で面倒を見るのだとか。端的に素晴らしい取り組みだと思いましたし、社会もこの様な流れになっていくのではと思います。

何せ、住宅の仕事は今でも男性主体ですが、実際は結婚・育児を経た女性がそれも含めたキャリアを発揮できるしごとです。彼女たちにどれだけ頑張ってもらえる環境をつけれるかが経営の課題ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿