2015年5月19日火曜日

合同企業説明会~東北芸術工科大学~



先日、山形市の東北芸術工科大学キャリアセンター主催の合同企業説明会に参加してきました。建築を学ぶには大きく分けて工学系、芸術系、家政系がありますが、同学は芸術系。工学系出身の私は、学生たちの視点や思考に新鮮な感覚を覚えました。約4時間の説明会で5名の学生さんが説明を聞いてくれました。今後の展開に期待です。

地域に若者を呼び戻すタイミングは2つ。大学を卒業するタイミングと結婚や子育てが始まる30歳前後だそうです。後者が企業の後継者や長男など地元に帰らなければならないバイアスのかかっている人たちだとすると、一般には前者。新卒は大手が採るもので、中小は中途の即戦力。なんて時代は過去のものだと思います。特に我々のような工務店は”地域経済の起点”を標榜しているわけですので尚の事。範を垂れなければなりませんね。さらに、住宅を提供する業態として子育てへのコミットメントが大きなキャリアにつながりますので、そういう視点での採用やキャリア形成を考えなければなりません。

なんて、風呂敷を広げてみましたが、会社のため地域のために良い人材の確保に努めてまいります。

0 件のコメント:

コメントを投稿