2016年9月24日土曜日

ひやおろし



9月も下旬。暑さ寒さも彼岸までということで秋雨がシトシトと降り、肌寒い日も多くなっていた今日この頃。そして、今年もやって来ました“ひやおろし”。冬に搾った新酒に一回火入れをしてひと夏寝かせたお酒で、立秋を過ぎて9月の声を聴くと出回る季節もの。

そして、福島の地酒を代表するひやおろし「十ロ万~とろまん~」。去年に引き続きとても濃厚でおいしく戴きました。南会津花泉酒造さんのロ万シリーズは福島に関する5つのこだわりが大きな特徴です。米・水・蔵人・麹・業。すべてが福島産。花泉伝統の業。

そんなこだわりのお酒を会津塗(唐人凧の蒔絵)でさらに福島県産材100%の家でいただく。The福島な感じです。ただ、つまみにまで予算が回らずコンビニのカニ味噌缶だったのはご愛敬。今シーズンはもう一種類、福島市唯一の蔵元、金水晶のひやおろしが会社の冷蔵庫に眠っています。さて、いつあけますかね(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿