2013年5月27日月曜日

いの一番


柱を建てる位置を横軸(東西方向)に「いろは」、縦軸(南北方向)に番号を振ってそのロジックで指定します。すると、北東の角に来る柱は「いの一番」となります。

最近では、こういった“墨つけ”の作業はせず、プレカットシステムで加工する場合が多いようです。が、無垢の木は製材とは言え一本一本にクセや特徴があるもの。それを見極めず一様に用いることは、本来ナンセンスなのだと思います。効率化や合理化という名のもとに本来やるべきことをやらないとうのは、如何なものかと思ってしまう、今日このごろです。

0 件のコメント:

コメントを投稿